ポーリッシュ・ポタリー、ブンツラウアー陶器のセゾンラズール

料理が楽しくなる。おいしくなる。ポーリッシュポタリー。

ポーリッシュポタリー、ブンツラウアー陶器の専門店です

ポーランド南西部の小さな街、ボレスワビエツで作られる陶器は「ポーランド陶器」「ポーランド食器」「ポーリッシュポタリー」と呼ばれ、ヨーロッパやアメリカで大変愛されています。
肉厚のぽってりとした器にハンドペイントで絵付されたこの可愛らしい陶器は、普段使いに耐える丈夫な食器として、日本でもその存在が徐々に知られるようになり、熱烈なファンの方も増えています。
ポーランド陶器はいろいろな柄を取り混ぜてテーブルに並べても不思議と柄同士がなじみ、違和感なく使えることが特徴です。
当店はボレスワビエツ近郊に工場のある窯元で作られたボレスワビエツ陶器や、ボレスワビエツに起源を持ちドイツ東部のオーバーラウジッツ地方で作られているブンツラウアー陶器もご用意しております。
当店ならではの品揃えをどうぞゆっくりとご覧くださいませ。

敦賀国際文化交流フェスティバル2018 出店のお知らせ(2018.10.12)
2018年11月3日(土)、4日(日)、福井県敦賀市で行われる「敦賀国際文化交流フェスティバル2018」に出店させていただくことになりました。
敦賀は、1920 年代にポーランド孤児、1940 年代にユダヤ人難民が上陸し、これらの人々を厚く迎え入れ人道支援を行った歴史があります。
第二次世界大戦中、日本領事館領事代理としてリトアニアに赴任していた杉原千畝が、ドイツ占領下のポーランドをはじめ、ナチス・ドイツの影響の強い地域から逃れてきたユダヤ人等にビザを発給し、彼らの亡命を手助けしたことで知られています。発給を受けることができた人々はソ連を通過し日本海を渡り、敦賀に上陸し命が救われました。
このときから縁のある国々(ポーランド・リトアニア・オランダ・イスラエル)の文化や歴史に触れる機会として、このフェスティバルが開催されます。
人道の町として知られている敦賀に関心を持っていた私にとって、このフェスティバルに協力させていただけることは大変嬉しいことです。
このフェスティバルでは、入荷したばかりのWIZA、Kalich、Zakladyの陶器をたくさんご用意したいと思っております。
多くの皆様にお越しいただき、フェスティバルを楽しんでいただきたく思います。ご来場お待ちしております!

セゾンラズール出店予定
日時:2018年11月3日(土)10:00〜19:00
4日(日)10:00〜17:00
場所:敦賀赤レンガ倉庫前テント
※イベント会場でのお支払いは現金のみとなります。
※イベント会場ではラッピングサービスは行いません。
<敦賀国際文化交流フェスティバル2018の詳細はこちら>

Zaklady社、Kalich社、WIZA社商品入荷のお知らせ(2018.9.23)

Zaklady社、Kalich社、WIZA社の陶器が到着し、掲載にお時間をいただきましたが、一部の商品を除きアップが終わりました。
(WIZA社の29cmの取手付き長皿の掲載を残しております。)
入荷直後の種類の豊富なこの時期に、是非お好みのポーリッシュポタリーを見つけてください。
皆様のご利用をお待ちしております。

セゾンラズール ぬくもりの森店のご案内

ポーリッシュポタリーの店セゾンラズールの実店舗は、浜松市「ぬくもりの森」にあります。
雑貨ショップ「リーフとモモ」(写真の建物)の2階です。
お客様のご来店を心よりお待ちしております。
>>営業日等はこちらでご確認ください。

在庫数につきまして

掲載商品につきましては、店頭在庫と共有しているため、ご注文のタイミングによっては完売となりご用意が出来ない場合がございます。
その場合はメールにてお知らせいたします。
クレジット決済をお選び頂いた場合は、再計算させていただき、お支払金額を変更処理させていただきます。
誠にご迷惑をおかけいたしますが、あらかじめご了承ください。

ランキング